購入実践者の結果評判感想 - 遠藤メソッド式英語教材【英会話速習プログラム】

購入実践者の結果評判感想 - 遠藤メソッド式英語教材【英会話速習プログラム】

購入実践者の結果評判感想 - 遠藤メソッド式英語教材【英会話速習プログラム】

「条件反射のように口から出てくるようになる」

 

松江美季様

 

1998年長野パラリンピック袷(かんじき)アイス・スケート
金メダル3個、銀メダル1個を獲得
遠藤メソッド受講後、米国イリノイ州立大学大学院留学

 

私がアメリカにきて感じた英語の必要性と、遠藤メソッドの効果について書いてみたいと思います。

 

まず、私が一番効果があったと実感しているのは発音です。

 

私以外にも大勢の留学生が通うこの大学では、英語を母国語としない人に対する細やかな配慮が徹底されています。

 

大学関係者のみならず、町の人たちも「つたない英語」に熱心に耳を傾けてくれる精神的風土があり、とても助かっています。

 

つたない留学生の英語を聞き慣れている地元民から、私は発音を誉められることが多いのです。

 

これは遠藤メソッドのお陰だと思います。

 

日本人に難しいと言われているRとLの発音の区別やTHの発音方法など、遠藤メソッドでは映像で確認しながら自然と体得することができます。

 

『小さいころに英語圏で生活したことがあるのか?』と言ってくれた人までいて、効果に手応えを感じています。

 

教材の中で繰り返し説明されるように、口の動きや舌の動きに注目すると、発音がしやすくなりますし、一度その過程を理解できると、その音を聞き取れる耳も同時に発達してくるようです。

 

この発音教材を使うようになってから、耳で聞いた単語のスペルが頭に浮かびやすくなったことは事実です。

 

自分が発音できるようになると、他人の発音も理解しやすくなる。
この一石二鳥の効果で、ヒアリングの力が同時につくのだと思います。

 

ヒアリングの力がついてくると言っても、もちろんすべての単語がクリアーに聞けるわけではありません。

 

私の耳に聞こえ、理解できるのは私が知っている単語に限られている、と言う事実が容易に理解できます。

 

そこで、次にボキャブラリーの増強をしなければならないことが自然とわかってきます。

 

『英語は慣れだよ』とか『自然と身につくよ』なんて言う言葉を、私も信じていたような部分があったと思います。

 

でも、毎日ず−っと英語の会話を聞いていたって、知らない単語は知らないままです。

 

急にわかるわけもありません。

 

むしろ、聞いた直後に記憶から消えてしまいます。と、いうより記憶されないのです。

 

がむしゃらに『単語を覚えればいい』と、大学受験のときに覚えた単語は、正直なところペーパー・テストのときにしか役立ちません。

 

私は間違いやすいスペルの単語や、似ているスペルを持つ単語の区別、スペルから想像するのと違う発音をもっている単語についての知識はある方だと思います。

 

大学受験のときはそれで十分だったのです。

 

でも、いざ異国の地に来て一面英語の世界に飛び込むと、『書いてもらえば簡単に理解できるのに、言われると聞き取れない』という現象が頻繁に起こります。

 

やはり、単語の勉強をするときには、スペルと意味と発音の三拍子が揃っていなければ意味がない。

 

その三拍子揃って初めて単語を活かすことができるのだ。

 

身をもって、そう体得するようになりました。

 

私が今までやってきた単語の記憶方法は、中学や高校、大学の英語のテストのために
”間違いやすいスペル″
"紛らわしい意味″
"難しい発音″
という特殊な単語に対して、特化した覚え方をしていただけのように思います。

 

英語の中で生活するとなると、いままでの試験英語では通用しません。

 

こちらに到着して2週間も経つと、『もう一度単語からやリ直さなければ』という必要に迫られました。

 

そのようないきさつから、日本の遠藤先生に連絡を取り、遠藤メソッドを教えていただいたのです。

 

ボキャブラリーが豊富であれば、たった一言で意志が伝えられるのに、その単語を知らないと別な言葉で長々と説明しなければなりません。

 

同じ会話時間であっても、吸収できる情報量というのはボキャブラリーの量に左右されることが実感できます。

 

はじめは15分かかっていた説明が、気が付いたら5分で出来るようになっていた‥・
そんな経験は、ボキャブラリーを増強し、英語の文章に習熟した人たちが口を揃えるように語っていることなのです。

 

簡単なセンテンスは考えなくても条件反射のように口から出てくるようになる・・・。

 

トレーニングすれば、そうしたところまで必ず到達できます。

 

とにかく口に出して、色々な文例を叩き込んでしまう‥・
なんだか一種のスパルタ教育に通じるかもしれないのですが、その方法がもっとも有効だと私は思っています。

 

短期留学して『英語が話せるようになった』という錯覚に陥る人は多いと思いますが、こちらで学位を取得したレベルの学生になると『語学の勉強に終わりはない』と多くの人が語ります。

 

確かに、ある程度の文法を知っていて語彙もそれなりにあれば、相手に状況を伝えることは出来ます。

 

しかし、そこに感情や細かいニュアンスを加えたいとなると、相当の努力をしなければならないことが痛いほどわかります。

 

相手に想像させながら会話を進めていくのではなく、自分の表現でダイレクトに会話ができるようになる日を夢見て・・・。

 

私の英語の勉強はこれからもず−っと続くと思います。

 

 

遠藤メソッドならさらに高いレベルの英語が身に付くと思います

 

ドバイ航空会社勤務 K.M様

 

私はスチュワーデスという仕事柄英会話は必須科目で、必死になって勉強していました。

 

英単語をひたすら覚え、文法を勉強して来ましたが、完璧な英語は話せず何となく外国人には伝わりきっていないだろうといつも思っていました。

 

そんな時、海外赴任の知り合いの方から「遠藤メソッド」を紹介され早速実践してみました。

 

「遠藤メソッド」の勉強の仕方が非常に上手なので、1年という短期間に非常に速く英会話力がついてきていると感じています。

 

そして今のような勉強の仕方なら、更にもっと高いレベルの英会話力がつくだろうと思います。

 

今では外国人の方からも変な顔はされずに会話できています。
さらにTOEICも910点をマスターしました。

 

私には無くてはならない教材となっています。

 

遠藤先生、本当にありがとうございました。

 

 

不思議と自然に英語が分かるようになりました

 

関口弘美様

 

ネイティブのような英語を話したくて英会話を始めてはや10年。

 

今まで本当に遠回りしてきたと思います。遠藤メソッドを知るまでは、外国人講師の指導や多種多様な英語教材にとても苦労してきました。

 

何となく単語を覚え、何となく文法を覚えましたが、肝心の英会話はまるで話す事が出来ず、高校受験のような英語勉強をひたすらやっていました。

 

「目的は英語を話す事なのに…」と思っていた頃、遠藤メソッドを知り早速始めて見ると、なんと自然に英語が話せるように。

 

これには私もビックリしました。

 

今では英語講師のオファーもくるようになりました。

 

苦節10年、もっと早く遠藤先生を知ってれば…今から勉強しようと思う人には、私のような苦労はして欲しくないので是非始めから遠藤メソッドで勉強して頂きたいと思います。

 

 

効果を実感できたのがうれしい

 

38歳 男性 看護師

 

どうして私が疲れた身体にムチ打ってここまで勉強できるのかと言うと、教材が遠藤メソッドだからなんです。

 

以前にネイティブとひょんなきっかけから会話をする機会があり(2、3分位でしたが)いきなり話しかけられても、それを聞けて英語ですぐに返事をする事ができました(簡単な会話でしたが)。

 

効果を実感できたのがとても嬉しく、そして自分の英語がネイティブに通じた事がとても快感でした。それは今でも忘れられません。

 

一生かかっても習得できない可能性のある英会話が、超簡単なレベルとはいえ、こんな短期間で身につくんだ・・・この教材の効果を実感しました。

 

私自身遠藤メソッド以外での勉強は考えられません。

 

 

教材のすごさを実感しました

 

自分なりに成果を感じており、教材の凄さを実感しています。

 

特に悩み等も無く、ただ先生のご指導についてゆけば間違いない、と楽しく未来の姿を描いております。

 

初めは自分の至らなさを認識したくないものですが、この教材では自身のレベルがはっきりと分かってしまいます。

 

録音した自分の英語発音を初めて聴いたとき、「これは英語ではない」とショックでしたし、今まで私の英語を聞き取って下さった方々に申し訳ない気持ちさえ沸き起こりました。

 

そこでまっさらな気持ちに戻り素直に自分を認め学ぼうという気がおこりました。

 

どなたかも書いておられましたが耳から聞き取った文章をそのまま幾ら真似ようと思っても駄目なのですね。(物まねは得意な方でしたが・・)

 

技術が必要、習得には反復練習。私のレベルはまだまだですが、それでも発音練習の大きな成果を感じておりますし、声の出し方も変わりました。(日本語は口先だけでも話せますが)ネイティブの発音をする友人は日本語を話す時と英語を話す時と音声が全く違い、私は不思議に思っておりましたが、今となっては当たり前だと気付きました。

 

この先、行き詰まった時には、真っ先に先生に相談させて頂きます。有難うございます。

 

 

TOEIC910点を取得しました

 

遠藤メソッドは教育内容も、インターネットによる評価方法も画期的であり、かつ、学習意欲があり真摯にとりくむ受講生の英語力を伸ばすためのすばらしい教材であると感じていましたが、今回指導していただいたことで更にその思いを強くいたしました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

過去35年の英語教材の中で出色のものです

 

50代 男性

 

先日、今年私の部署に配属になった若手職員に、遠藤メソッドを勧めました。

 

もうすぐボーナスだよな、意味のあることに投資しろよ、といいましてね。おべんちゃらを申し上げるつもりはありませんが、遠藤メソッドは、これまで過去35年にわたって英語を勉強してきていろいろな教材に触れてきた中でも、出色のものと思っております。

 

これからもやる気がありそうな若者には推薦してまいる所存です。

 

ちなみに、私は、1985年に英検1級をいただいた際には、「優秀賞」ということで、表彰状とご褒美の辞典までいただいた経緯があります。おそらく英検1級合格者の中でも、まずまずの成績だったのでしょう。

 

しかし、英検1級程度の力では、国際社会ではまったく役に立たない、ということは骨身にしみてかんじるところがあります。英語できちんと仕事をしようと思うのなら、はっきりいえば、ネイティブと(ほぼ)同じでなければ使い物にならないのです。

 

かつて、松本道弘氏が、英検1級は出発点に過ぎない、というような趣旨のことを言っておられたことを記憶しますが、まったくそのとおりだと思っております。

 

なお、この際ですので、私自身について、ご説明申し上げますと、英検1級を取得した後に、米国ハーバード大学に留学して、行政学修士を取得しております。しかし、私の英語の基本の力は、米国に留学したからではなく、むしろ日本で身に着けたものと思っております(学生時代に、松本亨氏の学校で勉強。)。

 

逆に、米国での留学時代に、もっと力をつけておくべきだった、と後悔はしておりますが。そのようなことはありましたが、留学後(留学してからはや20年がたちます。)、英語を用いる仕事から離れていたという事情とか、ある意味で自分の力に慢心していた、というような事情があり、勉強もややペースダウンし、力は停滞していました。

 

最近、「本当の実力」の必要を改めて感じるにいたり、意識的に勉強を再開している状態です。留学後も継続して、倦まずたゆまず努力していればもっと進歩していたでしょうが、その機会を失した、という思いが強いです。あるレベルでとどまる期間が長いと、能力の、「化石化」が起こってしまい、その結果、 「突き抜ける」ことが難しくなる、ということを感じております。

 

自分の英語も、あるレベルで「固まっている」という感じですね。なまじのレベルに達しているだけに、初心者の方に比べて、なおのこと、突き抜けるのが難しいのかもしれません。突き抜ける、ということの大切さは本当に強く感じます。

 

英語の達人といわれる方は、いずれも、短期間に、達人の域に達しておられるようですね。英語は2年で勝負しろ、というような、「時間の限定」も、特に若者に対しては有効ではないかと、自分の経験から、感じております。

 

350時間+アルファで、要は、2年間で、しかも金をかけずにやれ、という先生のメソッドが投げかけられているメッセージ(明示的ではないにせよ)には、自分の経験からしても、大変共感を覚えます。

 

若い人には、ぜひ、そのようにしてもらいたいですね。

 

今後、いろいろご指導いただければ幸いです。

 

この勉強法はピッタリでした

 

38歳 女性 ソウル在住

 

学生時代から英語は苦手で、まさに大学受験のためだけに勉強してきた典型的な日本人です。

 

でも、英語をカッコよく喋ってみたい!!とはず〜っと思っていました。

 

ただ勉強の仕方がわからなかったのです。時折本屋に立ち寄っては”このフレーズさえ覚えればOK!”程度のマニュアル本を買い、その時だけの満足感に浸っていました。 

 

でもそれはあくまでその場しのぎで、いくら本を読んでも頭で覚えたものはまるで使い物になりませんでした。

 

話は違いますが、以前ダイエットの為必死に運動をした事があります。時には辛くてやめてしまおうかと思うのですが、確実に結果が現れるのです!それは本当にうれしいものです。

 

語学は運動と一緒と聞いたとき最初は半信半疑でした。でもたとえ意味はわからなくても耳で覚えそのまま口に出るようになった言葉(単語もしかり)は時間を置いても出てくるものなんですね〜。

 

まだ勉強途中の私なのでたいそうな事は言えませんが、少しずつ勉強の面白さがわかってきました。

 

それから、私がこの勉強法を一番気に入っているのは、どのくらいやればよいかをキチンと時間指定してある点です。 

 

自分で言うのもなんですが、宿題はキチンとやるタイプの私にとってはまさにピッタリ!

 

 

TOIEC800点達成しました!

 

30代 男性 富士通勤務

 

こんにちはご無沙汰しております。以前お世話になったF.A.です。今回のTOEICで目標だった800点に達成したので報告かねがねメールをします。Listening:430/Reading:370で丁度800点の結果になりました。すでに遠藤メソッドと出会って3年経ちますが私にとって遠藤先生との出会いはすべてが目から鱗の状況でした。

 

(発音、音読、語彙増強)特に先生の指導で「語学は学問ではなく運動のようなものだ」との一言はいまだに頭に残っております。

 

TOEICの点数はほんの通過点だと思っており、これからもっとビジネスに有効活用して行きたいと思っております。その意味できっかけを頂けた事に感謝しております。

 

 

発音指導のおかげで英文読解力が上がりました!

 

30代 女性

 

遠藤メソッドの「発音」の勉強に興味を持ったのは、英語の総合的な学習について、まず「発音」があり「ヒアリング・スピーキング」や「多読」が後のステップに位置付けられていたからです。

 

資料を読んでいて、何を学ぶにも「発音」がまず必要になると感じました。私の解釈は間違っているかも知れません。しかし、読み書きに興味のある私が遠藤先生の発音指導を受けた事で、以前より読解力が増した事をお伝えしたいと思います。

 

英語で書かれた小説や本が家に多くあるので、私も読む事があるのですが、それらの内容には口語や略語、訛などがそのまま使われており、辞書に載っていない言葉も多く使われています。

 

以前は、分からない単語があっても前後の文脈などから判断して読み進めていました(時々、辞書も使いますが)。ですが、私にとって意味不明な略語が並んでいた時、発音記号は分からないものの、声に出して音を確かめると、それが何を指しているか解ったのです。(最初にその方法で読めた本は、ハリー・ポッター 4巻の原書(英国版)でした)

 

砕けた英文では「you」を「ya」と書くことが多いようですが、「ya」が解らなくても、前後の文章と合わせて発音して、「”see ya” は多分 “see you” だろう」と解るような感じです。

 

普段目にする事が多い略語(「plz(please)」「n(and)」など)も、正しく発音出来るようになった事で、なぜそのように略すのか納得出来るようになりました。私はまだイニシャルがやっと言えるか言えないかのレベルですので、読解力が上がったのではなく、カンに頼りやすくなっただけかも知れませんが......。

 

音に出して意味を確かめる方法は、発音の勉強をはじめるまで思いつきもしませんでした。 

 

きっかけを頂けた事と、実際に発音出来るようになれた事を、本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

 

発音の重要性にきづきました。

 

初めて発音について、これほど時間をかけて行いました。最初は、このような事で英語の力がつくのだろうかと思う事もありましたが、単語、ヒアリングを自分で発音して練習していく中で、発音の重要性に気づくことができました。

 

とても理にかなった英会話習得法です

 

普通の英会話学校での勉強は、したことがありませんが、ファナックでの勉強順序は、理に適っており、とてもよい勉強方法だと思います。

 

日本語には無い発音について、細かく指導を頂けたので、とても良かったと思います。

 

英会話学校に行くだけでは身に付かないと実感しました。

 

英会話学校は、英語勉強のMotivationを上げるために役立ちますが、本当の英語の実力をつけるためには、遠藤メソッドの様な勉強手順を踏むのが最善であると思います。遠藤先生のおっしゃる通り、英会話学校にいくだけでは、本当の英語力はつきません。

 

普通の英会話学校では、ここまで上達しなかったでしょう

 

普通の英会話学校は、教育方法に関しての考慮が浅いと思いました。

 

遠藤メソッドでの教育方法の方が、理解しやすく理論的にも納得のいくものが多いです。

 

また、独学で進めていけるところも良いと思います。普通は見えない口の形や舌の動きを目で見て理解し、まねをしながら身につけるのは、非常に有効だと感じました。また、どういった音が聞き取り難いのかを自覚できて良かったです。

 

発音することに、これまで考えなかったことを理解して身につける楽しさを発見できたことも大きな収穫でした。

 

英会話は勉強ではなく、トレーニング

 

まず、発音をしっかりと学習したことが、その後の、単語、ヒアリング・スピーキングの学習効率に大きく寄与したと思います。効率的な方法だと思います。私は発音についてこれ程の勉強をしたことがなく、非常に役に立っています。また、トレーニングという考えにも、なるほどと納得できます。

>> 遠藤メソッド式 英会話速習プログラムの詳細はこちら!
遠藤メソッド式 英会話速習プログラム - 価格キャッシュバック

遠藤メソッド式英語教材【英会話速習プログラム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール 英語修得の秘訣 教材の内容中身 金額特典返金保証 購入者の結果評判 質問Q&A